ソフト > TMPGEnc > TMPGEnc VMW 5 画像・ ロゴ(ウォーターマーク)を入れる方法

TMPGEnc VMW 5 画像・ ロゴ(ウォーターマーク)を入れる方法

株式会社ぺガシスTMPGEnc Video Mastering Works 5(ティーエムペグエンク ビデオ マスタリング ワークス 5)を使って画像・ロゴ(ウォーターマーク)入れるやり方です。
TVMW 5
 
 
テレビなど見てると~TVとかロゴが入ってる映像があります。
01

02

文字だけの挿入ならTMPGEnc VMW 5のみで可能です。やり方は、TMPGEnc Video Mastering Works 5 でテロップを入れる方法を参考にして下さい。

初めに画像ソフトを使ってロゴを事前に作成しておきます。画像ソフトですが出来れば透明色の選択が可能なソフトが望ましいですが、Windowsの付属のマイクロソフト ペイントで画像を作成してVieas Webで公開してるVieasを使って透明色を選択してもOKです。Vieasの使い方はPNG画像で透明処理を参考にして下さい。

下の画像のように余白の黒色の部分を透明にします。
画像のフォーマットですが、透明色が使える PNGかGIF形式にします。PNGはフルカラーで特に問題ありません。
画像1
03

画像2
05

半透明にするとこんな感じになります。
画像1
04
画像2
06

ではTMPGEnc VMW 5の作業に移ります。TMPGEnc VMW 5のモード選択はタイムラインモードで行います。加工する動画を読み込んである状態(レイヤー1に動画挿入されてる状態)からのやり方になります。
レイヤーを追加2回クリックします。
07

新たにレイヤー#2と#3が追加されます。レイヤー#2に画像・1 レイヤー#3に画像・3を入れてみます。レイヤー#2の画像・1は動画の初めから終わりまで表示でレイヤー#3の画像・2は動画の真ん中15秒から最後まで表示するようにしてみます。
08

エクスプローラーなどを使って画像1をレイヤー#2にマウスでドラッグして挿入します。(TMPGEnc VMW 5のエクスプローラーでも可能です。)
09

クリップ(画像1)をマウスで左まで移動させます。
10

クリップ(画像1)の右側にマウスのポインタを持っていくと左右の矢印が現れます。
11

下の動画に合わせて右の方にクリップ(画像1)を伸ばします。(下の動画と同じ長さにする)
12

このままでは画像が大きすぎるのと位置が悪いので調整します。
#2のクリップを1クリックします。
13

プレビューの所にある画像のピクチャーインピクチャーの位置決めを使って画像の大きさ位置を調整して下さい。
14

15

こんな感じになります。
16

マウスとは別に右上にあるタイムラインプロパティ/エクスプローラーの位置・サイズから数値入力でも可能です。微調整に使うといいかも知れません。
17

画像に半透明処理を行う場合は不透明度の数値入力かスライダーで調整して下さい。
23

24

次に画像2をレイヤー#3に入れて下さい。
18

やり方はほぼレイヤー#2画像1と同じです。数値入力を使ってクリップを調整してみます。動画を再生して15秒の所から画像を表示して動画の終わりまで表示するようにしてみます。
デフォルトの状態です。
19

開始時間を00:00:15:00 長さを00:00:15:00 にするだけです。これで位置・長さが決まりました。
20

幅・高さの数値入力かスライダーを使って大きさを調整して下さい。
21

左・上の数値入力かスライダーを使って位置の調整して下さい。
22

おまけで画像の前後にフェードイン・アウトを入れてみました。
25

これで画像・ ロゴ(ウォーターマーク)を入れる方法は完了です。

作成方法を動画にしてみました。



完成サンプル



アマゾンで購入
     

楽天で購入


関連記事

管理者にだけ表示を許可する