ソフト > 動画-音声 > 放送中に表示される時刻を消す

放送中に表示される時刻を消す

朝に放送されてる物はたいてい画面左上には時刻表示されてます。どうせ保存するならこの時刻を消したい。消すと言っても完全に消すことは不可能です。フィルターを使って特定の範囲をぼかして目立たなくするだけです。
時刻が
今回はあるCMに表示されてる 8:28 を目立たなくしてみます。
時刻を消す部分

使用する動画編集ソフトはVirtualDubModで日本語版は、VirtualDubMod日本語版からダウンロードできます。(かなり古いです)最新版は本家のVirtualDubMod Hompageから入手できます。(本家は日本語化バッチを当てないとメニューなど英語です)ダウロードしたらインスートールをしてください。次にDeLogoフィルタを入手します。Filters for Avisynth and VirtualDubを開いてください。

Hostedをクリック
フィルタ入手1

開いたらDeLogo filter by Karel Suhajdaをクリック
フィルタ入手2

[Download filter & manual]をクリックしてファイル保存
フィルタ入手3

解凍したファイルの中からdelogo.vdfをインストールしたVirtualDubのpluginsフォルダーにコピーして下さい。これで環境が整いました。
フィルタ入手4

VirtualDubModを立ち上げてファイルのビデオファイルを開くから加工したい動画を開いて下さい。
ファイルを開く

映像のフィルターをクリック
映像のフィルター

フィルターの追加をクリック
フィルターの追加

DeLogo 1.2.3をDeLogoをダブルクリック
DeLogo 1.2.3

Show previewをクリック
Show preview

別ウインドが開くのでスライダーなどを動かして消したい部分が分かりやすいフレームを探す
スライダー

Save frameをクリックしてBMP形式で画像を保存する
Save frame

先ほど保存したBMP形式の画像をWindowsのペイントソフト(ソフトは別のでもOKです)で開いて色パレットから赤色を選択 :この赤以外は不可でなおかつ赤でも濃くても薄くてもだめです。RGBでR255、G0、B0になります。
赤色選択

点線で囲まれた部分を赤で四角く塗りつぶす(消したい部分のみ)
選択部分

こんな感じで塗ったらBMPフルカラーで保存
赤く塗る

VirtualDubModに切り替えてDeLogo設定画面でRepairの右にあるLoadをクリックして先ほど赤く塗った画像を読み込む
画像選択

読み込むとこんな感じです
読み込み後

ここで再度Show previewをクリック
Show preview

別ウインドが開いて修正されたのが表示されます。
修正

Closeをクリック
Closeをクリック

OKをクリック
OKをクリック

映像の圧縮から圧縮するコーデックの設定
映像の圧縮

コーデック選択
コーデック選択

ファイルの名前を付けて保存で完了
保存

単色はかなり綺麗に消えます。設定をいろいろ変えてみてください。
設定

フィルター処理をする前の動画です


フィルター処理で時刻表示が加工された動画です


アマゾンで購入
   

楽天で購入

【送料無料】TMPGEnc 4.0 XPress FLV4出力プラグイン 同梱パック【送料無料】TMPGEnc 4.0 XPres...


PowerDirector 8 Ultra 特別優待パッケージ版
関連記事

管理者にだけ表示を許可する