Windows > Windows 10 インストール後の初期設定メモ No,1

Windows 10 インストール後の初期設定メモ No,1

Windows 10 インストール後に初めにやっておきたい設定メモ
再インストール後の覚え書きメモ
01
 
 
▼仮想メモリ(ページングファイル)を無効又は別のドライブ移動させる。
▼ブラウザのキャッシュフォルダーを別のドライブ移動させる。

▼ユーザーフォルダの移動(SSDの容量不足)
今回は、ドキュメントのフォルダーをFドライブの00-Win-UsersのDocument移動させた例です。
事前に個々の移動先のフォルダーをエクスプローラーで作成させておくと作業がスムーズに進みます。
タスクバーよりエクスプローラーを起動します。
02

ユーザープロファイルの場所を移動させる前にクイックアクセスのピン留めを外します。クイックアクセスのドキュメントを右クリックして、クイックアクセスからピン留めを外すをクリックします。
10

次にPCのドキュメントを右クリックして、プロパティを選択します。
09

場所のタブを選択して移動をクリックします。
04

Documentを選択してフォルダーの選択をクリックします。
05

適用をクリックします。
06

はいをクリックします。
07

OKをクリックします。これで移動先の変更は完了です。残りのミュージックフォルダーなども同じように移動させます。
08

▼クイック起動ツールバー追加
タスクバーを右クリックして、ツールバー]から新規ツールバーをクリックします。
11

フォルダーに、shell:Quick Launch入力してフォルダーの選択をクリックします。
12

タスクバーを固定しているときは、タスクバー]を右クリックしタスクバーを固定するをクリックしてチェックを外します。
13

右下にQuick Launchが作成されます。
14

Quick Launchの左近くの縦線までマウスのポインターを持ってますと←→のポインターに切り替わりますので、左クリック押しっぱなして左にマウスをドラッグしたまま移動させます。
15

移動させてくとこんな感じになります。
16

Quick Launch]の部分を右クリックして、ボタン名の表示・タイトルの表示・アイコンの大きさ・を好みの設定に変更します。
18

私は、こんな感じにしています。
17

つづきは、Windows 10 インストール後の初期設定メモ No,2 です。


関連記事
Windows 10 インストール後の初期設定メモ No,2


関連リンク
日本マイクロソフト
Windows 10 のダウンロード - 日本マイクロソフト


アマゾンで購入

 

関連記事

管理者にだけ表示を許可する